ある日突然、足が無くなりました。

片足を失った雪山好きのサラリーマンが義足と共に復活。色々な話をノンフィクションでお届けします。

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ある日突然(その5 この世とあの世の狭間)

(途中からの人用→その1その2その3その4

前回は義足話を挟んでしまったのでだいぶ間が空いてしまいました。
facebookでは結構多くの人にシェア頂いてありがたい限りです。

~受傷2日目~

さて前回、ドクターヘリに乗せられた僕はどこへ向かったのでしょうか。
正解は川越にある埼玉医科大学総合医療センターという病院です。

後で家族から聞いたのですが、関東ではこの病院もしくは帝京大学病院において「高度救命救急医療」が充実していて、僕のように酷い外傷があった場合はどちらかに搬送することになるそうです。
帝京医大のほうが自宅から遥かに近かったのですが、病床の空き状況と一刻も早い治療をしなければ足を失ってしまうという状況から、僕らに選択の余地はなく、遠方の埼玉医大に搬送されることになりました。

ここからはさらに辛い記憶を辿りながら書いていきたいと思います。

まずヘリポートに到着したあと、そのまま手術室に搬送され、すぐに全身麻酔で意識を失いました。
ここから10時間以上にも及ぶ大手術が繰り広げられたと聞いています。

次に目が覚めた時には、今まで感じなかった足への激痛を感じました。
なんと足に何本も金属が刺さっており、微動だにするだけで凄まじい激痛が走るのです。

ashi.jpeg
 ※イメージ(この写真は受傷1か月後)

さらにこれまで感じたことの無いほどのやばい吐き気を催していました。ものすごく強くてヤバい痛み止めが使われていた為です。
なのにも関わらず、喉はカラカラに乾いていて、最初に口にした言葉は

「みず・・・」

でした。

こんな状態では首以外、ほとんど力が入りません。
同時に身体の至るところに何かがついていて、不快感満載です。
身体にはいくつものセンサー、腕には点滴針、顔には酸素マスク、尿道にはカテーテルが入っていました。
また部屋の中には医療機器の電子音が鳴り響いていて、患者の気分を紛らわすためかラジオの音が聞こえました。

さっきまで麻薬漬けでラリパッパだった状態とは打って変わって、いうなれば「瀕死」の状態です。
それほどまでに長時間の手術による身体への負担というものは大きかったのだと思います。

そう、この場所は集中治療室。
ICUって呼ばれてる場所ですね。
僕はこの場所を「この世とあの世の狭間」と呼ぶことにしました。
毎日、数時間おきに生死の境目をさまようような人が運ばれる壮絶な場所だったからです。

そしてそういった状況を認識した直後から、永遠とも思える生き地獄が待ち受けていたのです。

続く。

次回 → 無限ループ
スポンサーリンク

| 切断日記 | 19:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

義足業界の問題点

深刻な問題
~義足業界の話~


現在、福祉制度における価格表の問題が依然として業界に立ちはだかっている。

義足の費用というものは、非常に高額だ。
私のように交通事故の被害者ならまだしも、病気や自損事故の人は国の福祉制度に頼らざるを得ないのだが、現状、義足を装着する部分(断端)に障害があるなどして、その適合の難易度が上がれば上がるほど、義肢装具士は損をする仕組みになっている。
厚生労働省の価格表はこちら PDF

kakaku2.png
  製作費用は一様に決まってしまっている。
  2時間で終わろうが50時間かかろうが変わらない。

ちなみに私の場合はB-4のKBM式なのだが、実際はもっとコストが掛かっている。
これが公平だとかどうとかの議論はここでは置いておく。
ただ資本主義の原則から考えて、
間違いなく義肢装具士のモチベーションとクオリティの低下に繋がるだろう。

一方で、一部の「義足アスリート」と呼ばれる義足ユーザーはその本人や担当義肢装具士の類まれない努力から輝かしい実績を残し、メディアへの露出を果たしている。


gisoku.png
 輝かしい義足アスリート達。うーん美しい。
 ちなみに中西麻耶選手にはリハビリ時に一度会ったことがあります。
 多分彼女は覚えていないだろうけど(笑)


誤解がないように言っておくが、彼らを非難するつもりはない。
しかしその他多くの切断者のADLは上がっているだろうか。

否。

今まで私は自分の目に見える範囲だけでも片手で数える以上の患者がその不十分な義足に絶望している様を目の当たりにしてきた。もちろん私もその一人だ。

現状、義足の適合が難しい場合の金銭的な負担はユーザー本人もしくはその担当する義肢装具士の努力でカバーされているケースが殆どなのだ。
ユーザー自身の資質ももちろん重要であるが、多くの場合、利益を無視して対応してくれる熱意ある義肢装具士に巡り合えるかどうかがポイントとなる。
でなければ、このような輝かしい結果には辿り着くことは難しいと言えよう。

業界の中には痛くてどうしようもない義足や常に断端に傷を負った状態で我慢して履き続けるユーザーもおり、それが当たり前だと洗脳するような医者や義肢装具士までいるから困りものである。

そんな洗脳は論外だとしても、熱意ある義肢装具士も利益を無視している以上は、限界はいずれやってくるだろう。

それゆえに義肢協会には一刻も早くこの問題解決に取り組んで頂きたい。
この問題は業界の活性化を阻害する要因となっており、最終的にその煽りを受けるのは当然、切断者なのだ。

事実、私自身も「赤字患者」として、いくつかの都内の製作所から迫害されてきた経験がある。

今は幸いにも新潟のとある義肢製作所の社長の好意により、逆オファーをいただき、「赤字覚悟」で付き合ってもらっており、一時的にスキーが出来るまでの適合を獲得することはできた。



が、しかし今後も日々の断端のメンテナンスや定期的な適合の見直し、ソケットの作り替えは必要であり、彼がいなくなったらきっと私は歩くことすらできなくなるだろう。

そして彼の寿命は私より早い。

自身の為は勿論ですが、現状義足に満足できていないすべての切断者のためにも、一刻も早い改善を願うばかりです。
スポンサーリンク

| 義足 | 03:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |